包茎クリニックを評判から選ぶ【自分に自信俺元気】

笑顔

どんな手術を行なうのか

スポーツ

包茎手術は、外科手術を行なうことになりますので専門のクリニックや病院で受けることになります。診療科目は、形成外科や泌尿器科などになります。専門のクリニックであれば、包茎手術を主に行なっているのでアフターケアなどの体制が整っているところが多いです。こういった体制が整っているクリニックや病院だったら、安心して包茎手術を受けられるので事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

包茎手術には、幾つかの方法があります。その方法の中でも最も受けられる手術で多いのは、包皮環状切除術になります。これは包皮の間を切り取って特殊な糸で縫い合わせる手術になります。最近では、包皮小帯を残して切り取る方法が主流となっており、昔の包皮小帯も切り取ってしまう手術よりも感度が良いというので評判が高くなっています。しかし、この手術だと見た目がツートンカラーのようになってしまうことがありますので見た目が気になるという人は医師と相談して決めたほうがいいでしょう。
包皮背面切開術は、包皮口部分の背面側から切り開きます。切り開く時は縦に切ることになるので、左右の内板と外板を縫い合わせる方法になります。これは、真性包茎の人が良く受ける包茎手術になります。
亀頭直下手術は、亀頭部分の下にある包皮を切り取って縫い合わせます。この方法は、傷跡が目立ちにくいので見た目を気にする人はこの包茎手術がいいでしょう。しかし、手術時間が他の包茎手術よりも長いので腕が良いという医師に任せたほうがいいでしょう。
陰茎根部手術は、陰茎の根元に余っている皮を切除して縫い合わせる方法になります。これも、亀頭直下手術と同じで根元付近になりますので傷跡が目立ちにくいという利点があります。ですが、人によっては傷跡が隠れないこともあります。それに、この手術が仮性包茎で皮の部分がゆるくなっている人が受けたほうがいいと言われているので医師に相談した上で受けたほうがいいです。